Character Quest:Gunzou

From Tokyo Afterschool Summoners
Jump to: navigation, search

Gunzou's Character Quest

Episode 1

スクラムを君と
Shibuya Ward
Level 20
Required Stamina 5
Rank XP Given 50 10 per stamina
Card XP Given 400 80 per stamina
Board size 3x4
Award Transient Stone (Free) x1
Required Quest バレンタインパニック!終(後)























Character Quest Translation

Episode 1:
Background: 暗転

Background: Field

Music:


Gunzo:

よーし、気合い入れてくぜ、みんな!


:

パン! と手を打って、グンゾウは声を張り上げた。 うつむきかけていたメンバーがハッとして顔を上げる。


ラグビー部員:

……おう、点を取り返そう! まだ、勝負はこれからだもんな!


:

気合いの入った力強い声が重なっていく。 がっしりと互いの肩を組み始める。


:

試合は後半戦、残り時間は長くはない。 接戦の中、両チームとも体力の消耗が見て取れる。


審判:

クラウチ、バインド…… セット!

SFX:


:

審判の合図と共に、会場は沸く。 練習試合とは思えない迫力でぶつかり合う。


Gunzo:

ぐぅ、うおおぉー!!

グンゾウ、ファイトー!!



:

Playerも応援席から周りに負けじと声を上げる。 赤いユニフォームが少しだけ、前に進んだ。


ラグビー部員:

今だッ! グンゾウ、頼んだぞっ!!


:

相手チームを抑えたまま、先頭の仲間が叫んだ。 ボールを受け取ったグンゾウがキッと顔を上げた。

いっけぇー!! 走れー!!



Gunzo:

うぉおおおおーッ!!

SFX:


:

人が密集しているサイドに凄まじい勢いで突っ込んでいく。 相手陣地のインゴールに向かって、力尽くで突破する。


:

もう、時間がない。 胸の奥が熱くなる、ボールを持つグンゾウから目が離せない。


Gunzo:

間に合え……っ!!

SFX:

SFX:

SFX:

SFX:


ラグビー部員:

……タッチダウン、 逆転だー!!


Gunzo:

……よっしゃー!! やった、やったぜっ!! みんなっ!!

SFX:

Music:


:

チームメンバーが集まってきて、 お互いに認め合うようにハイタッチを交わしている。


:

その姿に、Playerたちも 観客席から盛大な拍手を送った。

Background: 暗転

Background: Field

Music:

お疲れ様、格好良かったよ!


応援だけでも疲れた……


ユニフォームはそそるね!



Gunzo:

へへっ、応援ありがとうな! Playerが見に来てくれたから頑張っちまった!


:

首に掛けたタオルで汗を拭いながらグンゾウは笑う。

後ろのみんなもお疲れ様



:

Playerがグンゾウの背中に目を向けると 半透明の幽霊のような子たちが手を振ってくれた。


Gunzo:

うううう、うしうししろしろ後ろってなんだっ! ゆゆゆ、ユーレイなんているわけねえだろっ!!

まだ幽霊なんて言ってないけど……



Gunzo:

俺の後ろってことはレギオンたちだろっ!! 見えねぇ、知らねぇっ、感じねぇッ!!

この子たち、レギオンっていうんだ



Gunzo:

だからっ! 何も居ねぇってばっ!!


:

慌てたようにグンゾウはずんずんと歩き出す。 それに遅れないようにPlayerも背中を追った。

SFX:

Background: 暗転

Background: 河川敷


Gunzo:

……ううう……あー、うん、 何でもない! 何も居ない!!


Gunzo:

よし、ユーレイとかじゃなくてよ、 楽しい話しようぜ!


Gunzo:

そうだ、さっきの試合、すごかったろ? サークルの人たちも、皆鍛えててすげぇんだぜ!


Gunzo:

安心して背中を預けられるってぇのかな。 もちろん部活のみんなもすっげぇんだけどな!


Gunzo:

アシガラ先輩も手伝ってくれるし、 次の大会は優勝狙えっかなぁ……


Gunzo:

Playerもどうだ、ラグビー部! 試合見てもっともーっと入りたくなっちまったろ!


Gunzo:

……Playerが、ラグビー好きになってくれりゃ その……も、もーちょい、一緒に……とか……。


:

急にレギオンが手を伸ばし、 悶々と何かを呟いているグンゾウの肩をぐいっと引っ張った。


Gunzo:

おっわ、Playerっ、ま、ま、待ってくれ! オ、オレ、ま、まだっ、心の準備がっ!

SFX:

SFX:


Gunzo:

ンな、な、な、なんだっ!?


:

その音に飛び上がったグンゾウのすぐ近くで 植木鉢が粉々になっている。

……鉢が、突然?



Gunzo:

……Playerが、助けてくれたのか…… さ、サンキュな……!


Gunzo:

す、すまねぇ…… びっくりして、心臓がまだドキドキしてんだ……


:

グンゾウは胸に手を当てて ぎこちなく深呼吸をしている。


Gunzo:

……ふ、ふぅ……


Gunzo:

な、なんで、こんななっちまってんだろ…… なんか、まだ収まんねぇや……


Gunzo:

なんか、ヘンだな、オレ! えっと、あ、そ、そうだ、ラグビーの話だな!!


Gunzo:

Player、マジでどうだ、ラグビー! パス練の時からスジがいいなって思ってたんだよっ!


Gunzo:

そうだな、毎日……は厳しいけど たまにならコロッケもおごってやっからさ!!


Gunzo:

……なっなっ、いいだろ? オレと一緒にラグビーしようぜっ!!

それじゃ今度ルールを教えてよ


スポーツは得意じゃないんだけど
Gunzo:

ならよ、今日みたいな観戦とか 戦略のサポートとか……


部活後のシャワーが一緒なら
Gunzo:

おうっ! そりゃ、もちろん一緒にシャワーぐらい……


Gunzo:

……えっ、い、い、い、 いっしょにシャワー!?



Gunzo:

おうっ! 手取り、足取り、イチから教えてやっからなぁ!


:

グンゾウは楽しそうに話している。 その後ろでレギオンたちが、少しそわついていた。


Gunzo:

そういや、オレばっかり話してるじゃんかっ! Playerの話も聞かせてくれよ!


Gunzo:

例えば……そ、そうだな…… その、Playerは、す、す、す……

す?



Gunzo:

すすすす、好きなッ……!!


Gunzo:

好きなスポーツとかって 無いのかっ!?


Gunzo:

アメフト、野球、相撲、色々格好良いのあるだろっ!? ど、どうなんだ!?

スポーツはどれも好きだよ
Gunzo:

……そ、そっか!!


あんまり好きなのはないかな
Gunzo:

……そ、そうなのか……


ラグビーはいいよね



Gunzo:

らッ、ラグビー!? マジかっ!?


Gunzo:

オ、オレも!! ラグビーが、 だだ大好きだッ!! あぐえぇ!


Gunzo:

コーフンひて…… ひ、ひた……噛んじまっは……


:

は、ははっ! そうだ、ほらあっちの道! あっちに行くと、


:

わたわたしながら坂を駆け上るグンゾウの足に、 レギオンの手が絡みつく。


Gunzo:

んうぉっ!!?

SFX:

SFX:


:

派手に転んだ割に怪我は無さそうだ。 グンゾウは尻をさすりながら立ち上がっている。


Gunzo:

ってぇーっ! あーもー…… なんだかドジなとこばっか見せちまってるな……

SFX:


:

こちらを向いてガシガシと頭を掻いているグンゾウの真後ろを、 凄い速度でトラックが走り抜けていった。


:

もし、レギオンがなにもせず、 グンゾウがあのまま進んでいたら。

なんだか……嫌な、予感がする



Gunzo:

……よっし、気持ち切り替えっか! この先んとこ森の方に抜けると近道なんだ、行こうぜっ!

SFX:

Background: 暗転

Background: 森林


Gunzo:

はぁー……、ちょっと待ってくれ。 試合で体力使い切っちまったかな……


Gunzo:

なんか身体が重てぇって言うか…… 少し疲れちまって……


:

そうグンゾウがボヤいた直後、 レギオン達が一斉にぞわっと伸び上がった。


:

警戒した目つきでグンゾウの背中の向こうを 睨み付けている。


:

Playerも、その尋常ではない反応に 緊張を走らせる。

……グンゾウっ!


危ない!


後ろ!



Gunzo:

へっ? うしろ……?

Music:


Ghost:

……。


Gunzo:

う、うわあああぁぁああぁっ!! お、おば、おば、おば、おばけえぇぇえええ!!!


Gunzo:

こっち来んなっ、たたたた助けてくれぇっ!! ユーレイだけは駄目なんだあっ!!

SFX:


:

グンゾウは頭を押さえて その場でうずくまった。


:

しかし、幽霊たちは どんどんとこちらに近づいてくる。


:

その様子は…… まるで、熱狂的なファンがアイドルを目の前にしたような……


Gunzo:

う、うわぁああ!! い、色々怖ぇえええええええーっ!!!


:

グンゾウを殺してでも連れて逝こうと 狂気の愛情を溢れさせた幽霊が襲い掛かる。

SFX:

<ruby=ロール>役割</ruby>は「流者」、<ruby=ルール>権能</ruby>は「離断」


我が名において「銘」ずる


出でよ、<ruby=てっとうてつび>鉄刀迭尾</ruby>!


Music:


:

Playerの「神器」が一閃する。


Gunzo:

か、カッコいい……!


:

剣を構えたPlayerの背中を、 姿勢を低くしたまま覗き見たグンゾウがぽつりと呟いた。


Gunzo:

……な、なぁ、なぁ、なあっl ここここいつらっ、増えてねぇか!?

もしかしてさっきの鉢とトラックは


偶然じゃなく、この幽霊たちが……



:

ふとPlayerの集中が逸れた瞬間だった。


Gunzo:

Playerっ!! 後ろだ、危ねぇっ!!


:

Playerがグンゾウの声に驚いて 振り返った時には、背後から幽霊が襲い掛かってきていた。


Gunzo:

う、う、うぅぉおおおおおっ!!! Playerに、近寄んなぁあああ!!

SFX:


:

まるで、さっき見たラグビーのタックルのように グンゾウがPlayerに全力で飛び込んでいく。

SFX:

うわああぁっ!?



:

グンゾウに抱き締められるように強く身体を掴まれて そのまま、2人で地面をごろごろと転がる。

いってて……


グンゾウ、ありがとう



:

……。

……グンゾウ?



:

Playerを庇って体勢を崩したグンゾウは 目の前で倒れ込んだまま、動かない。


:

慌てて息を確認すると、呼吸は感じられる。 意識を失っているだけのようだ。


:

その間にも過激派な幽霊たちは 確実に距離を縮めてくる。


:

グンゾウを守ろうと Playerは立ち上がる。


???:

グッ、ヴ……う、が、がぁあ……


:

グンゾウが目を開いて立ち上がる。 だけど、その声の質感はまるで違うものだった。


:

威圧する鋭い視線、獣のような表情。 どれもがグンゾウの意識ではないことを示している。


:

レギオンたちが、グンゾウの身体中に腕を伸ばして 半透明の根を張っている。

……きみは、レギオン?



グンゾウ?:

ぐ、うぅあ……あぁ……!


:

グンゾウが低く姿勢を構えた。 そして、じっと赤い瞳がPlayerを捉える。


:

レギオンの一人が、パチリとウィンクした。 間違いない、レギオンたちがグンゾウの身体を動かしている。

一緒に戦おうって


そう言ってるの?



:

レギオンたちが、グンゾウの周りで一斉にコクリと頷いた。 グンゾウを守ろうとしている。


:

それにPlayerも、頷き返す。 レギオンたちに倣って、神器を低く構える。

……よし、来るよっ!



:

一緒に、グンゾウを守る為に。

Background: 暗転

Music:

Background: 森林


Ghost:

……………!


:

グンゾウへの異常な妄執を 断ち切られた幽霊たちはハッとしていた。

Music:


:

それを見たレギオンたちは笑った目で 彼らを手招きしている。


:

幽霊たちはスーッとレギオンの方へ向かうと まるで溶け込むようにレギオンたちと同化した。


:

半透明の枝がレギオンから伸びて 新しい瞳がそこに生まれた。

君たちは本当にグンゾウが好きなんだね


まるでグンゾウのファンクラブみたいだ


グンゾウお守り軍団、の方がいいのかな



:

Playerの言葉に、 レギオンも笑っている。

グンゾウのどこが好き?



グンゾウ?:

……あぐぁ……


:

レギオンたちは互いに目を見合わせて、 大きな瞳でパチパチとコンタクトを送り合っている。


グンゾウ?:

ぐ、あ……、お?


:

グンゾウの身体を包んでいた手の一本が 少し照れたようにPlayerへと差し出される。


:

伝えたいことがあるように、 ゆらゆらと揺れていた。

君たちのことを教えてくれるの?



:

嬉しそうに、 その瞳たちが笑った。


:

ふわりと頭の上に ひんやりとした手が伸ばされる――

SFX:

Background: 暗転

Music:

……ここは、レギオンの意識の世界?



:

周りは暗闇で、目を閉じているみたいだった。 男か女かも分からない声がぼんやりと聞こえてくる。


???:

……また「お客さん」が 来てくれたみたい。


???:

今日はどの「お客さん」かな。 この感じだと、幽霊さんの方かな。


???:

そう、昨日もグンゾウに 会いに来てくれた子みたい。


???:

毎日会いに来てくれるの、 グンゾウはモテモテなんだから。


???:

ははは、 将来有望で一安心だね。


???:

悪い虫が付いちゃうと グンゾウが困りそうだけれども。


???:

大丈夫、きっとこの子たちがファンクラブを作って グンゾウを守ってくれるんだから。


:

きゃっきゃと嬉しそうな声が聞こえてくる。 優しい声が続いていく。


???:

みんな、沢山の人たちから、 頼られて、愛されて、


???:

そして、誰かに支えられながら 生きていく。


???:

みんなと同じように、みんなと違うんだから。 それが宝物になる日がきっと来る。


???:

形が無くても、 もしも、残せないものだとしても、


???:

好きだ、大切だって思う気持ちは 変わらないでしょう?


???:

だから、グンゾウが ……を認めて……れるまで


???:

もし……どんな……の側に 居られ……は……


:

声が、滲んでいく。 それでも、その声はとても優しいままだった。


???:

その時はグンゾウをお願いね。 ファンクラブのみなさん。


:

声はどんどんと遠のいていく。 夢から覚めていくように、ぼんやりとして――

SFX:


???:

…………


???:

……Player……


???:

Playerっ、起きてくれっ!! 目を、目を覚ましてくれよぉおおお!!

Background: 森林

Music:


:

ハッと、その声に意識が覚醒していく。 目の前で涙声のグンゾウがオロオロとしている。

……グンゾウ?



Gunzo:

あああぁー! 良かったーっ!! Player、目を覚まさねぇしよっ!!


Gunzo:

オレが突っ込んでったせいで頭でも打ってねぇよな!? だ、だ、大丈夫かっ!?

大丈夫、元気だよ


頭を打ったのはグンゾウだけど
Gunzo:

マジかっ、必死だったからあんま覚えてねぇんだ…… 突っ込んでから頭真っ白になってよ……


寝てる間にスケベなことしてない?



Gunzo:

す、すまねぇっ!! もし怪我でもしてたら ミネアキ先生のところにすぐ連れてかねぇとって!


Gunzo:

でも、Playerが元気そうで本当に良かったぜ! スポーツマンは怪我と油断が一番の大敵だからなっ!!


Gunzo:

それに、あのブキミなお化け軍団も Playerが全部退治してくれたんだろ?

あの子たちは、みんな落ち着いて


レギオンたちと合流したよ



Gunzo:

ま、またレギオンが増えたのか~~っ!?


Gunzo:

い、いや、レッ、レギオンなんて知らない見えない感じない…… ああああ、うわああああっ!

どうしてそんなに幽霊を怖がるの?



Gunzo:

ゆゆゆゆユーレイなんてっ、居るわけないだろっ!! ……って、もうPlayerは誤魔化せねぇか……


Gunzo:

オレの恥ずかしいとこ全部見られちまったなぁ…… 他の人には言わないでくれよ……!

Music:


Gunzo:

……ユーレイって、人間や他の「転光生」と違ってよ 何考えてるか分かんねぇし、それがブキミっていうか……。


Gunzo:

オレ、昔から感じやすかったんだ…… どーしても、ぞわってしちまうんだよっ!!

さっきはレギオンがグンゾウを助けたんだよ



Gunzo:

レギオンが……?


:

グンゾウの後ろのレギオンを見ると その大きな目がニコニコと笑っている。


Gunzo:

なななな、なんでオレの後ろを見てんだよっ!! レギオンなんて居ないって言ってんだろっ!!


:

グンゾウは頭を振って レギオンを否定する。


:

レギオンはあの思い出の約束を守っているのだとしても、 グンゾウはそれに怯えて、苦しんでいる。


Gunzo:

……恥ずかしいけどよ。 マジで、怖いんだ。


Gunzo:

本当は「何か」居るのは分かってんだ。 それでも、嫌なモンは嫌なんだよ……


Gunzo:

……ずっと、昔からだぜ。 「何か」の気配がして、チラチラ視界に映り込んで……


Gunzo:

居なくなってほしいって何度も願ってもよ、 ……消えてくれないんだよ。


:

グンゾウは諦めたように溜め息を吐いた。

この「神器」の力なら


レギオンをグンゾウから


切り離すことも出来ると思う


SFX:


:

Playerが「神器」を取り出す。


:

何を言われているのか分からないという顔で グンゾウは、動きを止めた。

幽霊たちの妄執も「離断」できたから


グンゾウの側に居たいと思う気持ちを


レギオンたちから「離断」すれば……



:

驚いたようにレギオンたちが キョロキョロと互いを目配せし合っている。


Gunzo:

……ホント、か? Playerっ、ホントにコイツらを消せるのか?

グンゾウが望むなら


やってみるよ


……どうする?



Gunzo:

……。


Gunzo:

でも、さっきコイツらオレのことを 守ってくれたって……Player言ってたよな。

――!!



:

すっと、Playerが 「神器」を構えた。


Gunzo:

えっ……?


:

怯えた目、困惑している目、焦っている目 絶望した目、怒った目、懇願する目、泣き出しそうな目


:

そして、戸惑っているグンゾウの2つの目。 みんなが一斉に、Playerを見つめる。


Gunzo:

……Player……?

SFX:


:

かちゃりとPlayerがその剣を構えた。


:

Playerが、真剣な瞳でその「神器」を振り上げる。 その刹那だった。

Music:


Gunzo:

ま、ま、ま、待ってくれっ!! だっ、ダメだぁああああー!!!


:

大声を上げながらひしっと目を閉じて、 グンゾウは自分が壁になるように全力で両手を広げた。


Gunzo:

……ッ!

SFX:


:

次の瞬間、近くの茂みから子猫が飛び出して どこかへ走り去っていった。


Gunzo:

……ね、ネコ?


Gunzo:

び、び、びっくりしたぁーっ!!

Music:


Gunzo:

Playerが、急に構えるからっ! てっきりコイツらを切るのかと思っちまったじゃねぇかっ!

……ご、ごめん!


まだ暴走中の幽霊くんがいたのかと思って


レギオンを斬ったりなんかしないよ!



Gunzo:

そ、そうだよなぁ! わ、わりぃ、なんかすげぇ焦っちまって……!


Gunzo:

あんなに居なくなってほしいって思ってたのに、 オレ……急に、寂しくっていうか悲しくなっちまって……


Gunzo:

……あー、なんか、こういうのってダメだぁ! うん、難しいことはオレには分かんねぇっ!!


:

ガシガシと頭を掻いて、グンゾウは笑った。 釣られるようにレギオン達も笑っていた。


:

Playerも笑い返し、「神器」を仕舞った。


Gunzo:

……オレさ、サークルや部活の人たちに 負けないように鍛えなきゃって思ってたんだけどよ。


Gunzo:

だけど、それよりも、まずは「自分」だなっ! 「最大のライバルは己自身」ってラグビーでも一緒だ!


Gunzo:

ユーレイだって、オバケだって、 笑い飛ばせるぐらい、強くなってやるぜっ!!


Gunzo:

どんな種族のヤツらとでも、スクラム組めるように! ONE FOR ALL, ALL FOR ONEだっ!


Gunzo:

だから、レギオンを切り離すのはナシにしてくれっ! ごめんな、変なことで悩ませちまってよ!


:

ぐっと身体を伸ばして、グンゾウは笑う。


Gunzo:

それに、助けてくれてありがとなっ! なんてぇのか……その、Playerって強ぇんだな!


Gunzo:

戦ってるとき……その、 カッコよかったぜ……!!


Gunzo:

それに……もっとPlayerのこと、 知りてぇなって思って……!


Gunzo:

好きな食いモンとか、 好きなコトとか……


Gunzo:

す、好きな……たたたタイプとか……っ!! い、色々話もっとしてぇなぁって思ったんだよ!!


Gunzo:

……だ、だから……そ、その…… も、もし良かったらよ、今度は試合が無い日でも一緒に……

SFX:


:

その時突然、 近くの茂みから突然ガサガサっと音がした。


Gunzo:

……って、うおおおっ!!?


Gunzo:

まままっ、まだっ、心の準備がぁあああっ!!! ゆゆゆゆゆ、ユーレイだけはっ!!

SFX:


:

さっきの子猫の親だろうか。茂みから飛び出してきた 猫よりも速く、グンゾウは森の出口へと駆け抜けていった。


:

その背中でニコニコとこちらに手を振るレギオンに 手を振り返しながら、Playerも走り出した。

Background: 暗転


:

魂群グンゾウ キャラクエスト第1話                      -END-